<< 古傷 | main | ハンディキャップ! >>

平昌五輪

平昌五輪・スピードスケート女子・マススタート・結晶」
日本の高木菜那,が大勢で一斉に滑る新種目の女子マススタートで金メダルを獲得した。

女子団体追い抜きに続く2つめの金メダル。

五輪で日本の女子選手が同一大会「金」2個を獲得するのは夏季を含めて史上初の快挙となった。

カーリング女子の日本代表・LS北見が3位決定戦に出場し、銅メダルを獲得した。

チームを創設した主将の本橋麻里(31)は控え選手(リザーブ)として、リンクを上から見渡すコーチボックスで4人のプレーを分析した。出場できないもどかしさを押し殺し、精神的支柱となった本橋。

同競技で日本初のメダルに「後輩たちが、すくすくと育ってくれて感謝しかない」と目を潤ませた。

 

平昌五輪,いい締めくくりができました。日本勢大健闘!おめでとうございます。

|2018.02.25 Sunday|スポーツcomments(0)|-|by 布袋カズオ

スポンサーサイト

|2018.05.20 Sunday|-|-|-|by スポンサードリンク|
コメント









 
プロフィール サイト内検索
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
新しい記事
コメント
アーカイブ
カテゴリ リンク モバイル
qrcode
Others Others
ムームードメイン
    

ページの先頭へ